カウンセラー研修所 

心理カウンセラーに不足していること⁡

それは、【求めてる方々】と【提供する側】の意識の乖離です。

⁡メンタルヘルスを求めている方々は、本当にたくさんいます。

精神科病床の数でいえば、世界的に減少傾向にあるにもかかわらず、日本はびっくりするほど増え続けている、つまり求めてる方々の数も同じように増えているのです。

⁡提供する側である心理カウンセラーといえば、各種カウンセラー(国家資格〜民間資格)が毎年排出され新規の数は増えていますが、日本の個人事業主は5年残存率3割と言われている中で、提供する側のカウンセラーは残存率1割に満たないのです。⁡

その理由の大きなところは、例えば、商工会、商店街、組合のような各種横の繋がりがベースにあり、定期的な情報交換のみならず、勉強会やイベントまであったりし、必ずどこかに相談できる人や横の繋がり【仲間】を作る場があります。しかも、同業者のみならず多種多様な人との繋がりがあり、これが、本当に大切であり大きなポイントです。
⁡つまり、提供する側のカウンセラーは、資格さえあれば名乗ることができ、研鑽も経験も人脈もないにもかかわらず、ほとんどが一人です。
それでは、その先に広がりはなく、刻々と変化する広い世界で暮らしているカウンセリングを求めてる方々とは乖離します。
この乖離を埋めるため、カウンセラーこそ日々研鑽をそれを同じ目的を持つ仲間で行う事で人脈をカウンセラー研修所で作るのです。
そして、この研修所を無事に達成した方には、TEAMS PARABAとして、先ずはメンタルヘルスの助手として経験を積みながら多くの仲間がいる一人前のカウンセラーとして活躍できます。

講師一覧

自己受容カウンセラー 

いちのみやいくこ

対応可能地域

東京、大阪、福岡及び沖縄
その他地域は要相談